ブロックチェーンのシステム(P2P方式もしくは分散型取引台帳)

bb07404642bec3a74de8d5a041a4d9a4_s

ブロックチェーンは、金融機関などの管理者が管理を担うのではなく、参加ユーザー同士で分散して管理を行うシステムです。「P2P(Peer to Peer)方式」もしくは「分散型取引台帳」の名称が使われるケースもあります。

複数のコンピューターで管理される「分散型」のため、ビットコインの売買取引もリアルタイムで更新されるのではなく、10分ほどを目安に承認手続きがなされます。

取引履歴はハッシュ関数によって暗号化

ブロックチェーンでは、ビットコインなどの取引履歴が、ハッシュ関数によって暗号化されます。取引履歴に該当するものを「トランザクション(Transaction)」

複数のトランザクション(取引履歴)がまとまった状態を「ブロック」。ブロックが連結される形で保存されたものを「ブロックチェーン」と呼びます。暗号化されたトランザクション(取引履歴)は、参加ユーザーであれば誰もが「最新のブロック」にてチェックすることが可能です。

ハッシュ関数を利用して暗号化されているため、取引の履歴に関してはオープンですが、取引の事細かな内容に関してはクローズドとなっています。

マイニングによるビットコインの新規発行

ビットコインはマイニングによって新規発行されます。マイニング(採掘)とは、暗号化されたトランザクション(取引履歴)が含まれたハッシュ値とナンス値の整合性をチェックを目的とした算出して承認に導くための作業です。

同時に「Proof Of Work」と呼ばれる不正が実施されていないことの証明をします。マイニングが見事成功した暁には、ビットコインの新規発行につながり、マイニングの成功者はビットコイン報酬を受け取ることになります。